こんにちは 光田です。

今回はジェミールフランについてのお話です。

香り (ピオニー(芍薬))について

バラのような甘さとグリーンの爽やかさを兼ね備える香りと、神話にも登場するほど親しまれている美しい花です。この花は、すらりと伸びた茎の先端に可憐な花を咲かせるため、女性の美しい立ち居振る舞いに例えられます。
また、夕方になると花びらを閉じてしまう様子から、「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」という花言葉を持っています。ジェミールフランには、可愛らしさと凛とした美しさを併せ持つ、そんな香りの力が詰め込まれています。

シャンプーは、フルーツとグリーンの香りを高め、より清潔感や爽やかさを感じるように創香しました。トリートメントは、2つの質感に合った香りをセレクト。
さらりとした軽やかさを楽しみたいときは、フルーツとホワイトフローラル感をプラスしたsilky×shinyの香り。
しっとりとうるおいを感じたいときは、バニラやローズ感をプラスしたjuicy×glossyの香り。スプレーは、ラ・フランス、ピーチ、トロピカルが最初に香り、次にジャスミン、ローズなど花の香り、最後はムスクやバニラなど。時間が経つにつれて変わる香りを楽しんで下さい。

 

image3-e1463725765258